スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカラ賭博店に部屋提供 元外交官を逮捕(産経新聞)

 バカラ賭博を開いたとして平成17年10月に摘発された東京・南麻布のカジノ店に、自分の名義で借りたビル一室を提供したなどとして、警視庁が賭博開帳図利幇助の疑いで、駐日コートジボワール大使館の元外交官の男(42)を逮捕していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

 これまでの調べで、同店は指定暴力団稲川会系組員が実質的な経営者となっており、男は名義を貸した謝礼として4千万円を受け取っていたことが分かっている。

【関連記事】
バカラ賭博の経営者逮捕 警視庁
渋谷でバカラ賭博、16人逮捕 警視庁
シンガポール初の合法カジノ アジアの富裕層呼び込む「切り札」
渋谷のカジノ店を摘発 バカラ賭博の疑いで従業員ら計11人逮捕
怒声飛び交うゲーム賭博店の緊迫手入れ
虐待が子供に与える「傷」とは?

三菱鉛筆がこすると消せるボールペン、一定の温度で消えるインク使用。
タミフル副作用で提訴へ=14歳転落死の遺族(時事通信)
空中戦、どぶ板選挙を粉砕 橋下新党初勝利の衝撃(産経新聞)
愛子さま 少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)
兵庫・須磨沖で保護した迷いマンボウ その日に死亡(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。