スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国

『クレヨンしんちゃん オタケベ! カスカベ野生王国』(クレヨンしんちゃん おたけべ! かすかべやせいおうこく)は、2009年4月18日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ第17作目。キャッチコピーは『解き放て、おバカ本能』。概要本作品から監督が本郷みつるからしぎのあきらにバトンタッチ。しぎのあきらが監督した1つ目の作品。本作の主題歌であるジェロの『やんちゃ道』はシリーズ初の演歌となる。原作者である白井義人は公開から半年後に亡くなったため原作者が存命中に上映を見届けた最後の作品となった。注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。あらすじしんのすけが住むカスカベでは、新しい町長に就任した四膳守(しぜん・まもる)を中心にエコロジー活動が盛んになっていた。ある日、地域の清掃活動に参加していたしんのすけは河原で不思議なドリンクを拾い持って帰るが、後で飲もうとしておいていたそれをひろしとみさえがそれを飲んでしまう。すると二人は徐々に動物のような仕草をとり出すようになり、遂にある日ひろしは鶏、みさえは豹に変身してしまった。驚く一家の下に突然謎の組織が現れ、その場にいたかすかべ防衛隊とひろし達を捕える。かすかべ防衛隊の面々は何とか逃げ出すが、ひろしとみさえは組織に連れ去られてしまった。そんな中、謎の組織に追われていたしんのすけとかすかべ防衛隊の面々は四膳を追っているという謎の美女ビクトリアに助けられ、彼女から四膳の正体を知らされる。四膳は実は過激な環境保全組織「Save Keeping Beautiful Earth(通称:SKBE(スケッベ))」のリーダーで、人類を動物に変えることで環境破壊に歯止めをかける計画「人類動物化計画」を進めており、ひろしとみさえが飲んでしまったドリンクは彼がその計画のために開発した人間を動物に変えてしまう「人類動物化ドリンク」だったのだ。そして、一度「人類動物化ドリンク」を飲んで動物になってしまった人間は、自分が人間だった事や人間だった時の記憶をすべて忘れてしまうのだとも…。四膳がひろし達の体から「人類動物化ドリンク」のエキスを取り出そうとしていることを聞かされたしんのすけは、ひろし達を救うべくひまわりとシロ、ビクトリア、半動物化したかすかべ防衛隊と共にSKBEの基地へ向かう。果たして、しんのすけ達は四膳とSKBEの野望を打ち砕く事が出来るのか?登場人物四膳守(しぜん・まもる)カスカベ市ふたば町の新しい町長に就任した男。しんのすけを初めとする町民に極端に過剰な環境保全活動を呼びかけ、自ら率先して環境運動を行うエコロジスト。だがその裏の顔は過激な環境保全組織「Save Keeping Beautiful Earth(通称:SKBE(スケッベ))」のリーダーであり、環境破壊に歯止めをかけるために「人類動物化計画」を発案。自ら開発した『人類動物化ドリンク』で全人類を動物化する前段階にカスカベの住民達を動物に変えてしまう。エコの為か、全裸に股間のみ木の葉で隠しており、見た目は殆ど変態である。人類動物化ドリンクを飲むことにより、数種類の動物を合体させたキマイラの様な姿へと変身する。名前は「自然を守る」から。ビクトリアしんのすけが出会った謎の美女。SKBEの計画を阻止しようと彼らを追っているらしいが、詳細は不明。全身ブランド品に身を包み、燃費の悪いアメ車やバイクを乗りこなし、手榴弾やバズーカなどの武装を使いこなす。クールな性格であるが、過剰な消費思考とそれに伴う無駄使いを好む。 その正体は四膳守の妻で、本名は「四膳よしこ」。元々エコに興味を持っていなかった自分のために夫が環境保護活動に着手し、やがてそれが過激な環境保全組織を結成するまでに発展したことを知り、暴走する夫を止めようとしていた。ブンベツスケッベの幹部の一人。エコの為か全裸に古新聞のパンツをはいている。とてもキレイ好きでゴミを分別し始めると止まらなくなってしまう。馬面であることを気にしている。名前は「分別」から。マイハシ四膳の手下でスケッベの女幹部。他の幹部のようなエコに配慮した半裸ではなく、和をイメージしたセクシーな衣装が特徴。箸を使わせたら埼玉では一番らしく、巨大な箸を武器に戦闘に挑む。また「動物は檻へ」などとエコらしくない言動もある。名前は「My箸」から。ジェロスケッベに捕らわれ、無理やりエコを連呼するイメージソングを歌わされていた黒人演歌歌手。ワサビが苦手らしい。キャスト野原しんのすけ - 矢島晶子野原みさえ - ならはしみき野原ひろし - 藤原啓治野原ひまわり - こおろぎさとみシロ/風間トオル - 真柴摩利桜田ネネ - 林玉緒佐藤マサオ - 一龍斎貞友ボーちゃん - 佐藤智恵ビクトリア - 後藤邑子園長先生 - 納谷六朗よしなが先生 - 高田由美まつざか先生 - 富沢美智恵上尾先生 - 三石琴乃となりのおばさん - 鈴木れい子風間ママ - 玉川紗己子団羅座也 - 茶風林部長 - 郷里大輔竜子 - 伊倉一恵お銀 - 星野千寿子マリー - むたあきこ四膳守 - 山寺宏一ブンベツ - 山本高広マイハシ - 折笠愛SKBEボーイズ - 高城元気、小田敏充、東龍一、福崎正之、瀬那歩美、那須めぐみ、足立友運転手 - 大西健晴氷川台きよし - 楠見尚己ジェロ - ジェロその他予告編ではみさえはライオン、ひろしはカバに変身していた。作中に東武伊勢崎線として描写されるシーンがあるが、登場するのは東武50000系電車第1編成で(正面非貫通式で、前灯/尾灯のケースが下部にあるのが特徴)、実際は東武東上線の車両である。映画クレヨンしんちゃんでは10作ぶりに「伝説を呼ぶ」、「嵐を呼ぶ」のタイトルがつかない作品となった。原作者臼井義人氏は本作の作風を大変気に入り、「過去の映画シリーズのベスト3に入る」と絶賛したらしい。スタッフ原作 - 臼井儀人(らくだ社)脚本 - 静谷伊佐夫作画監督 - 原勝徳、針金屋英郎キャラクターデザイン - 原勝徳、末吉裕一郎演出助手 - 高橋渉美術監督 - 森尾麻紀、西村隆色彩設計 - 野中幸子撮影監督 - 梅田俊之編集 - 小島俊彦ねんどアニメ - 石田卓也音響監督 - 大熊昭音楽 - 若草恵、荒川敏行、丸尾稔チーフプロデューサー - 和田泰、杉山登、松下洋子、中島一基監督 - しぎのあきら絵コンテ - しぎのあきら、中村憲由演出 - しぎのあきら動画チェック - 小原健二色指定 - 蝦名佳代子特殊効果 - 干場豊(アニメフィルム)CGI - つつみのりゆき音響演出助手 - 浦上靖之制作デスク - 山崎智史、馬渕吉喜プロデューサー - 吉田有希、梶淳(テレビ朝日)、鶴崎りか(ADK)、鈴木健介(双葉社)制作 - シンエイ動画、テレビ朝日、ADK、双葉社原画末吉裕一郎 高倉佳彦 林静香 大塚正実 和泉絹子松下佳弘 榎本結 松山正彦 重本雅博 井口忠一釘宮洋 角張仁美 一居一平 アベ正己 三木めぐみ神谷友美 浜田勝 可児里未 外間亮 岩永大蔵秦洋美 山崎猛 西山努 深野敏彦 松井理和子松田博美 大森孝敏 茂木琢次 間々田益男 千葉ゆみ針金屋英郎 原勝徳主題歌オープニングテーマ - 『ユルユルでDE-O!』 作詞 - ムトウユージ、作曲 - 中村康就、編曲 - 岩崎貴文、歌 - のはらしんのすけ(矢島晶子)エンディングテーマ - 『やんちゃ道』 作詞・作曲:中村中、編曲 - 鈴木豪、歌 - ジェロ(ビクターエンタテインメント)DVD2009年11月25日にバンダイビジュアルより発売。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%A8%E3%83%B3%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93_%E3%82%AA%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%83%99!%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%99%E9%87%8E%E7%94%9F%E7%8E%8B%E5%9B%BD」より作成カテゴリ: 劇場版クレヨンしんちゃん | 2009年の映画 | 埼玉県を舞台とした作品『クレヨンしんちゃん オタケベ! カスカベ野生王国』(クレヨンしんちゃん おたけべ! かすかべやせいおうこく)は、2009年4月18日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズ第17作目。キャッチコピーは『解き放て、おバカ本能』。概要本作品から監督が本郷みつるからしぎのあきらにバトンタッチ。しぎのあきらが監督した1つ目の作品。本作の主題歌であるジェロの『やんちゃ道』はシリーズ初の演歌となる。原作者である白井義人は公開から半年後に亡くなったため原作者が存命中に上映を見届けた最後の作品となった。注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。あらすじしんのすけが住むカスカベでは、新しい町長に就任した四膳守(しぜん・まもる)を中心にエコロジー活動が盛んになっていた。ある日、地域の清掃活動に参加していたしんのすけは河原で不思議なドリンクを拾い持って帰るが、後で飲もうとしておいていたそれをひろしとみさえがそれを飲んでしまう。すると二人は徐々に動物のような仕草をとり出すようになり、遂にある日ひろしは鶏、みさえは豹に変身してしまった。驚く一家の下に突然謎の組織が現れ、その場にいたかすかべ防衛隊とひろし達を捕える。かすかべ防衛隊の面々は何とか逃げ出すが、ひろしとみさえは組織に連れ去られてしまった。そんな中、謎の組織に追われていたしんのすけとかすかべ防衛隊の面々は四膳を追っているという謎の美女ビクトリアに助けられ、彼女から四膳の正体を知らされる。四膳は実は過激な環境保全組織「Save Keeping Beautiful Earth(通称:SKBE(スケッベ))」のリーダーで、人類を動物に変えることで環境破壊に歯止めをかける計画「人類動物化計画」を進めており、ひろしとみさえが飲んでしまったドリンクは彼がその計画のために開発した人間を動物に変えてしまう「人類動物化ドリンク」だったのだ。そして、一度「人類動物化ドリンク」を飲んで動物になってしまった人間は、自分が人間だった事や人間だった時の記憶をすべて忘れてしまうのだとも…。四膳がひろし達の体から「人類動物化ドリンク」のエキスを取り出そうとしていることを聞かされたしんのすけは、ひろし達を救うべくひまわりとシロ、ビクトリア、半動物化したかすかべ防衛隊と共にSKBEの基地へ向かう。果たして、しんのすけ達は四膳とSKBEの野望を打ち砕く事が出来るのか?登場人物四膳守(しぜん・まもる)カスカベ市ふたば町の新しい町長に就任した男。しんのすけを初めとする町民に極端に過剰な環境保全活動を呼びかけ、自ら率先して環境運動を行うエコロジスト。だがその裏の顔は過激な環境保全組織「Save Keeping Beautiful Earth(通称:SKBE(スケッベ))」のリーダーであり、環境破壊に歯止めをかけるために「人類動物化計画」を発案。自ら開発した『人類動物化ドリンク』で全人類を動物化する前段階にカスカベの住民達を動物に変えてしまう。エコの為か、全裸に股間のみ木の葉で隠しており、見た目は殆ど変態である。人類動物化ドリンクを飲むことにより、数種類の動物を合体させたキマイラの様な姿へと変身する。名前は「自然を守る」から。ビクトリアしんのすけが出会った謎の美女。SKBEの計画を阻止しようと彼らを追っているらしいが、詳細は不明。全身ブランド品に身を包み、燃費の悪いアメ車やバイクを乗りこなし、手榴弾やバズーカなどの武装を使いこなす。クールな性格であるが、過剰な消費思考とそれに伴う無駄使いを好む。 その正体は四膳守の妻で、本名は「四膳よしこ」。元々エコに興味を持っていなかった自分のために夫が環境保護活動に着手し、やがてそれが過激な環境保全組織を結成するまでに発展したことを知り、暴走する夫を止めようとしていた。ブンベツスケッベの幹部の一人。エコの為か全裸に古新聞のパンツをはいている。とてもキレイ好きでゴミを分別し始めると止まらなくなってしまう。馬面であることを気にしている。名前は「分別」から。マイハシ四膳の手下でスケッベの女幹部。他の幹部のようなエコに配慮した半裸ではなく、和をイメージしたセクシーな衣装が特徴。箸を使わせたら埼玉では一番らしく、巨大な箸を武器に戦闘に挑む。また「動物は檻へ」などとエコらしくない言動もある。名前は「My箸」から。ジェロスケッベに捕らわれ、無理やりエコを連呼するイメージソングを歌わされていた黒人演歌歌手。ワサビが苦手らしい。キャスト野原しんのすけ - 矢島晶子野原みさえ - ならはしみき野原ひろし - 藤原啓治野原ひまわり - こおろぎさとみシロ/風間トオル - 真柴摩利桜田ネネ - 林玉緒佐藤マサオ - 一龍斎貞友ボーちゃん - 佐藤智恵ビクトリア - 後藤邑子園長先生 - 納谷六朗よしなが先生 - 高田由美まつざか先生 - 富沢美智恵上尾先生 - 三石琴乃となりのおばさん - 鈴木れい子風間ママ - 玉川紗己子団羅座也 - 茶風林部長 - 郷里大輔竜子 - 伊倉一恵お銀 - 星野千寿子マリー - むたあきこ四膳守 - 山寺宏一ブンベツ - 山本高広マイハシ - 折笠愛SKBEボーイズ - 高城元気、小田敏充、東龍一、福崎正之、瀬那歩美、那須めぐみ、足立友運転手 - 大西健晴氷川台きよし - 楠見尚己ジェロ - ジェロその他予告編ではみさえはライオン、ひろしはカバに変身していた。作中に東武伊勢崎線として描写されるシーンがあるが、登場するのは東武50000系電車第1編成で(正面非貫通式で、前灯/尾灯のケースが下部にあるのが特徴)、実際は東武東上線の車両である。映画クレヨンしんちゃんでは10作ぶりに「伝説を呼ぶ」、「嵐を呼ぶ」のタイトルがつかない作品となった。原作者臼井義人氏は本作の作風を大変気に入り、「過去の映画シリーズのベスト3に入る」と絶賛したらしい。スタッフ原作 - 臼井儀人(らくだ社)脚本 - 静谷伊佐夫作画監督 - 原勝徳、針金屋英郎キャラクターデザイン - 原勝徳、末吉裕一郎演出助手 - 高橋渉美術監督 - 森尾麻紀、西村隆色彩設計 - 野中幸子撮影監督 - 梅田俊之編集 - 小島俊彦ねんどアニメ - 石田卓也音響監督 - 大熊昭音楽 - 若草恵、荒川敏行、丸尾稔チーフプロデューサー - 和田泰、杉山登、松下洋子、中島一基監督 - しぎのあきら絵コンテ - しぎのあきら、中村憲由演出 - しぎのあきら動画チェック - 小原健二色指定 - 蝦名佳代子特殊効果 - 干場豊(アニメフィルム)CGI - つつみのりゆき音響演出助手 - 浦上靖之制作デスク - 山崎智史、馬渕吉喜プロデューサー - 吉田有希、梶淳(テレビ朝日)、鶴崎りか(ADK)、鈴木健介(双葉社)制作 - シンエイ動画、テレビ朝日、ADK、双葉社原画末吉裕一郎 高倉佳彦 林静香 大塚正実 和泉絹子松下佳弘 榎本結 松山正彦 重本雅博 井口忠一釘宮洋 角張仁美 一居一平 アベ正己 三木めぐみ神谷友美 浜田勝 可児里未 外間亮 岩永大蔵秦洋美 山崎猛 西山努 深野敏彦 松井理和子松田博美 大森孝敏 茂木琢次 間々田益男 千葉ゆみ針金屋英郎 原勝徳主題歌オープニングテーマ - 『ユルユルでDE-O!』 作詞 - ムトウユージ、作曲 - 中村康就、編曲 - 岩崎貴文、歌 - のはらしんのすけ(矢島晶子)エンディングテーマ - 『やんちゃ道』 作詞・作曲:中村中、編曲 - 鈴木豪、歌 - ジェロ(ビクターエンタテインメント)DVD2009年11月25日にバンダイビジュアルより発売。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%A8%E3%83%B3%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93_%E3%82%AA%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%83%99!%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%99%E9%87%8E%E7%94%9F%E7%8E%8B%E5%9B%BD」より作成カテゴリ: 劇場版クレヨンしんちゃん | 2009年の映画 | 埼玉県を舞台とした作品

グルジア語でハッピー
パチンコ奮闘記
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化
ライブチャット
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。