スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀井光

亀井光(かめいひかる、1909年1月1日-1986年9月26日)は、日本の内務官僚、政治家。債務整理・自己破産議員(自由民主党)、福岡県知事(第6代-第9代)を務めた。自民党元衆議院議員の太田誠一は女婿に当たる。目次1経歴2注3関連項目4外部リンク[編集]経歴東京帝国大学卒業後、内務省等を経て、労働事務次官を務めたのち参議院議員に当選。その後、1967年からクレジットカード現金化 比較県知事に転身し1983年まで4期16年務める。在任中はわたりの廃止や日産自動車九州工場の誘致などを行なった。その後、1983年の知事選にも5期目を目指し出馬したが、巨額の費用をかけて新築された知事公舎等の[1]が大きくクローズアップされた事もあり、117万票を獲得したものの奥田八二に約5万票差で敗北した。1984年に勲一等瑞宝章を受章。1986年に心不全のため逝去。[編集]注^一説には、この時期新築された県庁施設は、上空から見れば”亀井光”と読めたという。議会棟は、”亀”の甲羅の形をしており、県庁本部棟は”井”の形、そして県警本部棟にはソーラーパネル(すなわち”光”)が設置されていた(神一行著『自治官僚』)。[編集]関連項目[編集]外部リンク亀井光とは-現金化口コミバンク4‐5代:鵜崎多一福岡県知事6-9代:1967年-1983年10-12代:奥田八二表・話・編・歴福岡県知事(公選)杉本勝次-土屋香鹿-鵜崎多一-アムハラ語を読めるようになるために光-奥田八二-麻生渡この「亀井光」は日本の政治家に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています(P:政治学/PJ政治)。「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%80%E4%BA%95%E5%85%89」より作成カテゴリ:無料携帯ホームページ県知事|福岡県の政治家|日本の内務官僚|参議院議員|1909年生|1986年没隠しカテゴリ:日本の政治家関連のスタブ項目
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。