スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏の一覧

仏教基本教義縁起 四諦 八正道三法印 四法印諸行無常 諸法無我涅槃寂静 一切皆苦人物釈迦 十大弟子 龍樹如来・菩薩仏の一覧部派・宗派原始仏教 上座部 大乗地域別仏教インドの仏教 中国の仏教日本の仏教 ショッピング枠現金化の仏教経典 聖地八大聖地ウィキポータル仏教表・話・編・歴仏の一覧(ほとけのいちらん)では、日本で信仰されている大乗仏教における信仰・造像の対象である広義の仏(ほとけ)の一覧を示す。本来、「仏」とは、仏教における最高の存在であり、悟りを開いた者である仏陀(如来)とする(狭義の仏)。しかし後に、仏陀に準ずる存在で悟りを開こうと修行している菩薩、密教特有の尊である明王、天部の護法善神などを含めた、仏教の信仰、造像の対象となる尊格を、広義の解釈として「仏」と総称するようになった。顕教と密教の相違、あるいは宗派の違いにより仏の用法は異なる事もある。大乗仏教では多くの如来・仏が後に生み出された。たとえば「浄土三部経」の一つ『阿弥陀経』には、三千大千世界(全宇宙の意)に、ガンジス川の砂粒の数(恒河沙)ほどのクレジットカード現金化があまねく存在することが説かれている。このように大乗経典では仏の名前を列挙した経典も多数存在する。なお上座部仏教では、仏は「釈迦牟尼仏」のみを指し、釈迦の尊像以外は信仰の対象とはしない(ただし、過去七仏など釈迦以前の仏(ブッダ・覚者)が存在したことは認めており、また未来仏である弥勒についても言及している。目次1如来部2菩薩部3明王部4天部5その他6三尊像等7関連項目8外部リンク[編集]如来部(「~仏」とよばれる場合もある)釈迦如来(釈迦牟尼仏)薬師如来(薬師瑠璃光如来、薬師クレジットカード現金化)阿弥陀如来(阿弥陀仏、無量寿仏、無量光仏)五智如来(金剛界五仏)大日如来(遍照如来、毘盧遮那仏)阿閦如来(あしゅくにょらい)宝生如来観自在王如来・・・阿弥陀如来と同一視する考え方もあるが、真言宗では別としている。お茶が大好き成就如来胎蔵界五仏多宝如来毘盧遮那仏(盧遮那仏、遍照遮那仏)弥勒如来(「弥勒菩薩」の項を参照)普賢王如来(法身普賢王出会いランキング、法身普賢)定光如来(燃燈仏)過去七仏(釈迦とそれ以前に出世された7人の仏)天王如来(提婆達多の未来での成仏する時の号)[編集]菩薩部金剛薩埵(散那)弥勒菩薩観音菩薩(観世音菩薩または観自在菩薩の略)聖観音如意輪観音十一面観音千手観音馬頭観音(馬頭明王)准胝観音(七倶胝仏母)不空羂索観音六観音(「観音菩薩」の項を参照)三十三観音(「観音菩薩」の項を参照)勢至菩薩日光菩薩月光菩薩文殊菩薩普賢菩薩普賢延命菩薩地蔵菩薩六地蔵(「地蔵菩薩」の項を参照)虚空蔵菩薩五大虚空蔵菩薩(「虚空蔵菩薩」の項を参照)薬王菩薩(「釈迦三尊」の項も参照)薬上菩薩(「釈迦三尊」の項も参照)パチンコ攻略大菩薩-日本の神道の神である八幡神の別称。龍樹菩薩-地蔵菩薩とともに阿弥陀如来の脇侍となる場合がある。四菩薩上行菩薩(「四菩薩」の項を参照)五大菩薩(妙見菩薩は「天部」の項に分類)[編集]明王部五大明王(五大尊)不動明王降三世明王(降三世夜叉明王)軍荼利明王(軍荼利夜叉明王)大威徳明王(大威徳夜叉明王)金剛夜叉明王愛染明王孔雀明王大元帥明王(太元明王)烏枢沙摩明王馬頭明王(「馬頭観音」の項も参照)[編集]天部四天王持国天(東方を守護)増長天(南方を守護)広目天(西方を守護)多聞天(北方を守護)-ヒンドゥー教の神ヴァジュラヴァナに由来。別名「毘沙門天」-七福神の一柱。兜跋毘沙門天梵天-ヒンドゥー教の神ブラフマーに由
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。