スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田直稔

山田直稔(やまだ競馬情報とし、1926年4月16日-)は富山県井波町(現・南砺市)生まれの実業家である。日本大学工学部建築学科卒業。[編集]経歴金色のシルクハットに羽織はかまといういでたちで日の丸を振るパフォーマンスでおなじみ。大学卒業後にワイヤロープ業界に入り、1960年に浪速商事株式会社を設立。現在は代表取締役会長。初めての応援に出掛けた夏季オリンピックは1964年の東京オリンピックで、同オリンピック以降、日本がボイコットした1980年のモスクワオリンピックも含めて2008年の北京オリンピックまで12大会連続で応援に出掛けている。ちなみに応援に出掛けた冬季オリンピックは、1998年の長野オリンピックのみである。また大相撲中継でも、向正面席にいるクレジットカード現金化 比較の顔を見ることができる。東京・両国国技館(1・5・9月)、大阪府立体育会館(3月)、愛知県体育館(7月)、福岡国際センター(11月)のほぼ毎回観戦している。高齢であることもあり、北京オリンピックを最後に応援に出掛けることの引退を表明した。[編集]エピソード前記のようにほぼ毎場所において大相撲を観戦しているが、日の丸の扇子を振るパフォーマンスが前後左右の観客に迷惑であり、相撲観戦のマナーがなってないのではないかと一部で物議を醸している。[編集]外部リンクオリンピックおじさん浪速商事株式会社「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E7%9B%B4%E7%A8%94」より作成カテゴリ:日本の実業家|オリンピック|1926年生|富山県出身の人物
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。