スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民間人校長候補に盗撮歴発覚 問いつめられ辞退 横浜(産経新聞)

 横浜市教委が市立学校の校長を民間から募集し、採用候補者に選んだ男性(52)に神奈川県迷惑防止条例違反(盗撮)による逮捕歴があったことが13日、分かった。選任の発表後に匿名の通報が市教委にあり、この男性から話を聴いたところ事実を認め、「一身上の都合」を理由に辞退したという。

 県警によると、男性は昨年7月、市内を走る路線バスの中で携帯電話のカメラで会社員の女性の胸元を盗撮したとして、神奈川県迷惑防止条例違反の現行犯で県警に逮捕された。容疑を認めていたという。男性は8月、女性側と示談が成立したことなどから不起訴処分(起訴猶予)となった。

 市教委は同12月25日、書類審査や2度の面接などで応募者186人から男性を含む5人を採用候補者に決定したと発表。3日後、男性の逮捕歴を伝える複数の匿名の通報が市教委にあり、男性を呼んで確認したという。

 市教委は「受験の欠格事由にはあたらないが、高いモラルが求められる職業であることなどを考えて辞退したのでは」としたうえで、「プライバシーの問題があって逮捕歴を調べることは難しい。個人の倫理観に頼るしかない」と話している。

【関連記事】
「橋下知事に橋渡し役」友人の民間人校長に辞令 軽率と陳謝も
橋下知事友人の民間人校長採用問題 「甘い処分」に辛口批判
盗撮画像&業務データ…派遣男ネット流出
美人リポーター盗撮被害…ホテルの壁に穴
女湯盗撮ビデオに自分自身が…旅館おぼっちゃん逮捕

食い倒れ二郎
人生一度きり
債務整理
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。