スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モテたかったので、iPadを使いながら山手線を5周してみた(Business Media 誠)

 5月28日に発売されてから、約2週間が経とうとしているiPad。発売直後こそ大きく盛り上がったものの、「話題先行型のデバイスで、実際に活用するのは難しいんじゃないの?」「新型iPhoneも発売されるから見送りかな」といった声を最近よく耳にするようになった。

【写真:山手線を5周して試したiPadアプリの紹介】

 だが、ちょっと待ってほしい。我々、男子にとって本当に大切なことは「使えるか、使えないか」ではない。「モテるか、モテないか」ではないだろうか。

 誠執筆陣の1人である神尾寿氏は「スタバでiPadを使っていたら女子大生グループに話しかけられた」とTwitterでつぶやいている。また、そうした自慢話は、ほかのiPad所有者から聞くことも多い。持っているだけで女子が話しかけてくれる、革命的で魔法のようなデバイス。これは昨今増加しているとされる草食男子のマストアイテムになると言えないだろうか?

 そこで、そんなモテ気分が味わいたいと思った筆者は、休日のJR山手線に乗って、「iPadがあればどれだけモテるのか」を試してみることにした。また、使うアプリによってモテ度も変わるだろうと考えて、1周(約60分)するごとに違うアプリに切り替えて、モテアプリについても考察することにした。

●1周目のアプリ:ITmedia

 最初に試したアプリは、我らが「ITmedia」。iPad版(無料)をリリースしたら、アイティメディア株が2日連続ストップ高になったというスゴいアプリである。株価低迷に悩む企業があったら、とりあえずiPadアプリを出してみたらいいと思う。ITmediaアプリiPad版では、ITmediaの主要記事をWeb掲載と同じタイミングで掲載。テキスト全文と画像1点を閲覧できる。EvernoteやTwitterとの連携機能もついていて、なかなか便利だ。

 プライベートのちょっとした時間でも、最新ニュースをチェックするデキる男子を演じてみたものの、1周するうちに声をかけられることはなかった。冷静に考えると、ITmedia読者は男性が多いので、モテアプリとしてはちょっと厳しいかもしれない。

 ただ、隣に座った人(筆者は左端の席に座っていたので、右隣に座った人)を観察していて、ふと「そういえば全員女性だな」と気付く。これはもしかすると、声はかけないものの、気にしている女子が多いということの表れではないだろうか。

1周目に隣に座った人 男性:0人 女性:3人(20代1人、30代1人、40代1人)

●2周目のアプリ:産経新聞HD

 そこで、違うニュース系アプリならどうなるか、ということで2周目は「産経新聞HD」で挑戦することに。これは、産経新聞朝刊をフルカラーで読めるアプリ。iPhoneだと小さすぎて読みにくいのだが、iPadだとちょうどいい感じの大きさになる。

 隣の人が読む新聞を覗き込んでいる女性もよく見かけるので、「これは食いつかれるだろう」と思い、話しかけられたらワールドカップや首相交代について熱く語り合おうかと妄想していたものの、またもや空振り。まあ、ここで声をかけられてしまうと、モテアプリ番付でITmediaが産経新聞より下に格付けられてしまうことになるので、ある意味良かったのかもしれないが……。

 ただ、1周目と同じく、隣に座った人は女性が多め。女性を引き付けていることは間違いないのではないかと感じた。

2周目に隣に座った人 男性:1人(30代1人) 女性:5人(20代4人、30代1人)

●3周目のアプリ:i文庫HD

 電車の中で絵になる光景といえば、小説を読む女子であることは論を待たない。筆者の好みも文学少女である。そこで、そんな文学少女のハートをつかむため、3周目は青空文庫の作品などが読める「i文庫HD」で電子書籍を読むことにする。青空文庫では作者の死後50年を経て著作権の消滅した作品を無料で公開している。著作権切れの作品で女子受けしそうな作家を選ぶに当たっては、太宰治か芥川龍之介かで迷ったのだが、何となく太宰治作品をチョイス。

 実は筆者、iPadできちんと電子書籍を読むのはこの時が初めて。しばしば、「電子書籍は読みにくい」と言われ、実際筆者も最初は読みにくかったのだが、しばらく読んでいると、初めてのデバイスを使っていると意識せずに読めていることに驚く。ワープロソフトや表計算ソフトでも、慣れるまで「普通に紙でやった方がいいんじゃないか」と感じていた人は多いだろうが、ある壁を越えるまではどんなものでも使いづらいもの。電子書籍の将来性を評価しない人は、壁を越えていないから、そう感じるのではないかなと思った。

 女子に人気(筆者調べ)の太宰治とはいえ、声がかけにくくなりそうな『人間失格』をうっかり選んでしまったため、この周も特に何も起こらず。ただ、相変わらず女性が隣に座る確率は高かった。

3周目に隣に座った人 男性:1人(30代1人) 女性:6人(20代5人、30代1人)

●4周目のアプリ:Evernote

 エンドレスエイトのごとく続く山手線の旅も4周目。読むばかりではいかんということで、今度はパターンを変えて仕事をすることにする。「Evernote」に原稿を放り込んで、校正することにしたのだ。仕事人を演出するため、スーツに着替えるかどうか迷ったのだが、家まで戻るのがメンドウだったので、カジュアルな服装のままチャレンジ。

 iPhoneのフリック入力とは違い、iPadではキーボード入力なので、普段ノートPCを使っているのと同じ感覚で作業できる。画面も広いので、原稿をチェックするのもかなりやりやすい。ただ、読みやすいのにも一長一短があり、機密文書をチェックする場合、周囲から丸見えなのが問題か。これはノートPCで仕事する場合でも同じなのだが、携帯電話のプライバシーフィルターのようなものがあるといいのかもしれない。

 肝心のモテ具合だが、ここに来て隣に座った男性の数が女性の数を上回る(声をかけられるのはあきらめた)。スーツを着ていたらどうなったが興味深いところだ。

4周目に隣に座った人 男性:3人(20代1人、30代1人、60代1人) 女性:2人(20代2人)

●5周目のアプリ:Plants vs. Zombies HD

 最終周は趣味でいこうということで、ゲームで遊ぶことにする。ただ、どのゲームを選択するかで運命は大きく分かれるはず。持ちアプリからどれが一番モテるか考えたのだが、「対局!!将棋」だったら中年男性が興味を示しそうだし、「ラブプラス iR」なら避けられてしまいそうな気がする。

 フライトシミュレーター系がいいのではないかとも思ったのだが、筆者が選択したのは「Plants vs. Zombies HD」という、弾を撃つ植物を使ってゾンビを倒すというタワーディフェンス系のゲーム。ゾンビが出てくるゲームなので「女子には受けないだろうなあ」とは思ったのだが、前日にダウンロードしてはまっていたので、ついつい選んでしまった。

 ゲーム自体はエンドレスモードでゾンビの猛攻を1時間耐え切ったものの、案の定というか適齢期の女子は隣に座らず。しかも、これまでと違い、隣の席が空くことが多くなる。複数の席が空いている場合、4周目までは筆者の隣は割と優先的に埋まっていたのだが、5周目は明らかに最後まで残されていた。これが試合に勝って、勝負に負けるということなのかもしれない……。

5周目に隣に座った人 男性:2人(30代1人、40代1人) 女性:1人(50代1人)

●モテたいならiPadで本やニュースを読むべき

 5時間、JR山手線でiPadを操作し続けて、バッテリー残量は30%ほど。本当はキリ良く10周しようと思っていたのだが、バッテリーがもたないので断念した。

 やってみた結果としては、本やニュースを読んでいればそれなりに女子の反応は良いのではないかということ。ただ、東京では電車内であまり話さないのが普通なので、モテを狙うなら場所はマクドナルドやスターバックスの方がいいような気がした。

 ただ、これだけ隣に女性が座ったにも関わらず、1回も話しかけられなかったのは、筆者がイケメンすぎて声がかけづらかったという可能性も否定はできない(肯定もできない)。【堀内彰宏】

【関連記事】
内閣府が“特命”要員を募集している
同人誌即売会でもiPad――スライドショーを集客に活用
もう限界かもしれない……“ブラック企業リスト”の実態

国会延長、慎重に判断=財政再建「党派超え議論」―菅首相(時事通信)
新緑の雨滝に傘の花 鳥取で滝開き祭(産経新聞)
山田氏の農水相起用を内定(産経新聞)
<敦賀原発>1号機原子炉停止へ 冷却水漏れで(毎日新聞)
果皮からポリフェノール=レモン搾りかす活用―科技機構(時事通信)
スポンサーサイト

バカラ賭博店に部屋提供 元外交官を逮捕(産経新聞)

 バカラ賭博を開いたとして平成17年10月に摘発された東京・南麻布のカジノ店に、自分の名義で借りたビル一室を提供したなどとして、警視庁が賭博開帳図利幇助の疑いで、駐日コートジボワール大使館の元外交官の男(42)を逮捕していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

 これまでの調べで、同店は指定暴力団稲川会系組員が実質的な経営者となっており、男は名義を貸した謝礼として4千万円を受け取っていたことが分かっている。

【関連記事】
バカラ賭博の経営者逮捕 警視庁
渋谷でバカラ賭博、16人逮捕 警視庁
シンガポール初の合法カジノ アジアの富裕層呼び込む「切り札」
渋谷のカジノ店を摘発 バカラ賭博の疑いで従業員ら計11人逮捕
怒声飛び交うゲーム賭博店の緊迫手入れ
虐待が子供に与える「傷」とは?

三菱鉛筆がこすると消せるボールペン、一定の温度で消えるインク使用。
タミフル副作用で提訴へ=14歳転落死の遺族(時事通信)
空中戦、どぶ板選挙を粉砕 橋下新党初勝利の衝撃(産経新聞)
愛子さま 少しずつ元気に 雅子さま終始付き添い(毎日新聞)
兵庫・須磨沖で保護した迷いマンボウ その日に死亡(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。