スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<愛知一家5人殺傷>長男の鑑定留置決定 地検豊橋支部(毎日新聞)

 愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、名古屋地検豊橋支部は20日、岩瀬一美さん(58)への殺人容疑などで送検された長男高之容疑者(30)の精神状態を調べるための鑑定留置を名古屋地裁豊橋支部に請求し、認められた。期間は21日~9月10日。地検は鑑定結果を踏まえ、処分保留としている殺人容疑などについて一括して起訴するかどうか判断する。関係者によると、高之容疑者は「悪いことをしてしまった」と反省しているという。

 高之容疑者は一美さんとめいの金丸友美ちゃん(1)への殺人容疑、母(59)、弟(22)、弟の妻(27)への殺人未遂容疑で送検されたが、地検は7日、処分保留にした。現在は自宅に火をつけたとする現住建造物等放火容疑で拘置されているが、鑑定留置により、拘置は停止される。放火容疑の拘置期限は28日だった。

 殺人の罪などで起訴された場合は裁判員裁判の対象となる。乳児を含む5人を計40カ所にわたって包丁で切りつけ、家に火をつけるという特異な手口から責任能力が争点になる可能性が高いため、地検は捜査段階での精神鑑定実施が必要と判断したとみられる。

 県警豊川署によると、高之容疑者はこれまでの調べに「インターネットの契約を解約されて腹が立った。殺してやろうと思い、5人を刺した。家も燃えてしまえと思った」などと容疑を認めているという。【沢田勇】

 【ことば】鑑定留置

 容疑者や被告の精神状態を鑑定するため、病院などに留置する刑事訴訟法に基づく処分。起訴前の場合、検察側の請求に対して裁判所が許可する。刑法では、裁判で善悪を判断できない心神喪失や判断が著しく困難な心神耗弱が認められた場合、無罪や刑の減軽が規定されている。

【関連ニュース】
家族5人殺傷:放火容疑で再逮捕…愛知県警
豊川一家殺傷:父の給料管理は容疑者の自立目的
豊川一家殺傷:長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ
愛知5人殺傷:長男、対人関係苦手なまま大人に
愛知5人殺傷:めい殺害容疑で再逮捕

<両陛下>知的障害者施設を視察 神奈川(毎日新聞)
ダイヤモンドで覆われたきらびやかなiPadが販売予定
<山崎直子飛行士>帰国後初会見 「月や火星にも行きたい」(毎日新聞)
「親族優先」初適用 亡夫の角膜移植へ(産経新聞)
<口蹄疫>感染拡大防止に国道に消毒マット 宮崎(毎日新聞)
スポンサーサイト

日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞の公募を開始(医療介護CBニュース)

 日本認知症ケア学会はこのほど、今年度の「日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞」の功労賞と奨励賞の公募を開始した。

 「日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞」は、質の高い認知症ケアに取り組んでいる個人・団体などを顕彰するための賞。認知症の人の能力を最大限に発揮できるよう援助すると同時に、生活の質の向上に努力・貢献してきた個人や団体などを対象とした功労賞と、今後、認知症ケアの現場へのさらなる寄与が期待できる個人や団体などを顕彰する奨励賞の2部門がある。

 受賞者は、10月24日の第11回日本認知症ケア学会大会で発表される。応募方法は、同学会が指定する用紙に受賞候補者の氏名、連絡先などを明記した上で、推薦理由(1200字以内)と共に郵送する。自薦は認められない。問い合わせ先は日本認知症ケア学会事務センター「認知症ケア賞」係03(5206)7431。締め切りは7月5日(必着)。


【関連記事】
介護従事者の「バーンアウト」を防ぐには―認知症ケア学会シンポ
課題多い若年性認知症、理解と支援体制が不十分―都が報告書
「認知症ケア」など介護関連で3資格創設―職業技能振興会
24時間巡回型の訪問ケアがポイントに―宮島老健局長
若年性認知症のコールセンターを開設

返り血の服着替える 京都・長岡京の夫婦刺殺男、計画的か(産経新聞)
反捕鯨SS船長、27日に初公判 東京地裁(産経新聞)
<谷亮子氏>参院選に民主から出馬表明 「五輪は金目指す」(毎日新聞)
谷氏「現役は続行し、ロンドン五輪で金メダル目指す」(産経新聞)
薬害肝炎問題解決に向け厚労相に要求書―全国弁護団(医療介護CBニュース)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。