スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白衣の天使」寝たきり患者に向けられた悪意(産経新聞)

 兵庫県佐用町の佐用共立病院の看護師が、入院患者の肋骨(ろっこつ)を折っていたとして兵庫県警に傷害容疑で逮捕、起訴された。狙ったのは寝たきりで意思疎通ができない高齢者。周囲から「まじめ」「おとなしい」とみられていた看護師は「職場での人間関係がうまくいかず、イライラしていた」という身勝手な理由で、助けを求めることのできない高齢者ばかりを狙い続けた。「白衣の天使」ともいわれる看護師が重ねた悪質な犯行は、多くの患者と、その家族に不安と衝撃を与えた。看護師が犯行に手を染めたきっかけとは…。

 佐用共立病院で患者の異常が発覚したのは平成20年12月8日。女性患者=当時(85)=に呼吸の異常があり、検査をしたところ肋骨4本が折れているのが分かった。その後も同年12月末までに、75歳女性の肋骨5本、99歳男性の肋骨7本の骨折が判明した。

 患者は全員が肺炎を患っており、骨粗しょう症などで骨がもろくなっていたため、せきをしたり体位を変えただけでも骨折する可能性があった。このため病院は当初「病気による骨折」と判断。事件性について疑わず、この時点では警察にも届けなかった。

 しかし、その後も患者の肋骨骨折は相次いだ。4件目となる78歳の女性の骨折が判明したのは翌21年1月5日。事態を重く見た病院側は、故意に折られた可能性もあるとみて看護師ら20人を聞き取り調査したが、外部からの不審者は浮上しなかった。このため内部犯行の可能性も視野に入れ、専門部会を設置。1月15日になって県警佐用署に届け出た。

 ところが、4日後の19日にも85歳女性、88歳女性の2人が肋骨を骨折していることが分かり、わずか1カ月あまりの間に6人の患者が不自然に骨折する異常事態となった。

 原因不明のなか、病院は夜勤の看護師を2人から3人に増員。骨折患者が病棟3階に集中していることから、3階廊下に防犯カメラを8台設置、骨折患者が出た4つの部屋にも1台ずつカメラを取り付けるなどの対策を取った。すると、患者の骨折は収まり、内部犯行の可能性が高まってきた。

 目撃者がいないことから県警の捜査も難航したが、当時の看護師の勤務状況などから、1人の看護師が浮上した。骨折した6人の患者を担当していた羽室沙百理被告(26)=傷害罪で起訴=だった。

 県警は今年3月11日、羽室被告について、85歳の女性患者の胸部を両手で押さえるなどして肋骨を12本折ったとして逮捕。その後も88歳の女性患者の肋骨を折った容疑で再逮捕した。

 羽室被告は、被害患者6人のうち3人の異常を報告した第一発見者だった。しかし病院が羽室被告に聞き取り調査を実施した際、「第一発見者なので私が疑われるのですか」と涙を流して否定していたという。

 羽室被告は調べに対し「職場の人間関係にイライラしてやった」と6人全員を骨折させたことを認めたうえで「体重をかけて胸を押すと『ボキッ』という音がした」と供述したという。患者は胸が陥没するほどで、強く圧迫されたことがうかがえる。

 人間関係のトラブルが背景にあったとみられるが、羽室被告は「患者のたんの吸引をしようとしたが、手で振り払われた。感謝してくれない」「自分が周囲から評価されていない」などとも感じていたといい、「異常を発見して自分をよく見せたかった」とも供述しているという。羽室被告は看護師の仕事に過度のストレスを募らせており、それが弱い立場の高齢患者へと向かっていったとみられている。

 羽室被告の逮捕を受け、病院は羽室被告を3月11日付で懲戒免職としたが、職場では「まじめで熱心」と評されていた。

 逮捕後に記者会見した穀内隆院長らも「本人はおとなしく明るい子。仕事も熱心だったので非常に驚いている。患者やスタッフとのトラブルもなく、信じられない」などと話している。

 骨折した6人は、昨年7月までに全員が死亡した。県警は司法解剖の結果、死因は肺炎などとし、骨折と死亡の直接的な因果関係がないとして、傷害致死容疑ではなく傷害容疑を適用した。

 しかし、6人のうち3人は、骨折が発覚してから1週間以内に死亡しており、穀内院長は「呼吸状態が悪くなったのは、骨折の影響もあると思う。司法解剖では死因との因果関係がないといっても患者は痛みを感じ、呼吸に悪影響を及ぼした。個人的には死期を早めてしまったのではないかと思っている」という見解を示している。

 同病院や県警によると、羽室被告は、佐用町内のマンションに住み、昨年10月に長女を出産して育児休暇中だった。長女と病院を訪れて母親らしくほほ笑む姿もみせていたという。

 出身は佐用町に隣接する宍粟市。尼崎市の看護専門学校を卒業後、平成18年に正看護師免許を取得し、尼崎市内のクリニックで働くことなった。その後、同年9月から佐用共立病院にパート職員として勤めることになったが、わずか7カ月で退職した。

 翌年4月には宍粟総合病院に移ったが、同病院も1年で辞め、20年4月から正職員として佐用共立病院に戻っていた。短期間での退職には人間関係のトラブルなどがあったとみられるが、以前勤務していた病院では患者を骨折させるケースはなかった。

 医療関係者が病院内で患者に暴行するなどして逮捕された事件としては、北九州市の北九州八幡東病院で平成19年6月、元看護課長が高齢の女性入院患者の足のつめを剥離(はくり)させていた事件のほか、今年3月には京都大学付属病院(京都市左京区)で入院中の女性患者の血中から高濃度のインスリンが検出され、不必要なインスリンを多量に投与したとして、殺人未遂容疑で看護師が逮捕された事件などがある。

 今回の事件は、重労働の看護師がストレスをためないようにするには、病院はどのような対策を行えばよいのか、病院の人事管理についても多くの課題を浮かび上がらせたと言える。

 事件後の記者会見で穀内院長は「彼女のストレスをフォローアップできなかったことを反省したい。今後このようなことが起きないよう、職員の精神的なケアをしていきたい」と述べ、再発防止と信頼回復に向けての取り組みを進めている。

 傷害罪に問われる羽室被告の刑事裁判は5月末、神戸地裁姫路支部で始まる。起訴内容については認めるとみられており、量刑が争点となる見通しだ。

 仕事へのストレスがなぜ弱い立場の高齢患者に向けられたのか。同様の事件の再発防止のためにも、動機の解明が求められる。

【関連記事】
「人間関係イライラ」高齢患者の肋骨折る 看護師の女逮捕
“殺人ナース”が抱えたストレス 白い巨塔で一体何が…
高齢患者への傷害容疑で元看護師再逮捕 兵庫
「患者が感謝してくれない」 肋骨折った看護師が動機供述 
51歳看護師、女性に導入剤飲ませ昏睡強盗容疑

<江戸川男児虐待死>学校側、児相などに通告せず…中間報告(毎日新聞)
犬遺棄の元町議、詐欺容疑で再逮捕 (産経新聞)
舛添氏離党の引き金「幹事長の答えがなかった」(産経新聞)
<中大教授殺害>検察側、心神耗弱争わず 整理手続きで方針(毎日新聞)
<自民>元巨人・堀内氏の擁立検討(毎日新聞)
スポンサーサイト

<久喜市長選>田中氏が無投票で初当選 埼玉(毎日新聞)

 久喜市長(埼玉県)田中暄二氏(64)=無新=が無投票で初当選。

<外国人地方選挙権>議員にヤジと喝采乱れ飛ぶ…反対派会場(毎日新聞)
火山噴火 日航、全日空が欧州便再開 旅行客らで成田混雑(毎日新聞)
無法「撮り鉄」撮られてた 大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入(産経新聞)
モノクロで「森」表現(産経新聞)
火山噴火 成田まだ混乱…炊き出しで市が支援(毎日新聞)

箱館ハイカラ號 今季も運行 北海道(毎日新聞)

 北海道函館市の復元チンチン電車「箱館ハイカラ號(ごう)」が15日、今季の運行を始めた。レトロな車体に観光客らを乗せ、異国情緒あふれる街並みをゆっくりと走る。

 ハイカラ號は米国製で1910(明治43)年から千葉県成田市で運行を開始。18~36年に函館市で活躍した。その後、92年の市制施行70周年で復元され、翌年から運行している。台車は当時のままで今年、100年を迎えた。

 運行は10月末まで。問い合わせは同市交通局(0138・52・1273)。【近藤卓資】

<小池正勝参院議員>離党へ 候補選考に不満(毎日新聞)
玉東町課長補佐、収賄で再逮捕=見返りに自宅車庫つくらす-熊本県警(時事通信)
<川崎死体遺棄>白骨遺体に傷(毎日新聞)
<火山噴火>成田まだ混乱…炊き出しで市が支援(毎日新聞)
高齢者の孤独死対策、支援内容の判断基準を策定―栃木県(医療介護CBニュース)

首相、邦人死刑執行には触れず…日中首脳会談(読売新聞)

 【ワシントン=小林弘平】鳩山首相は12日午後(日本時間13日朝)、ワシントン市内のホテルで中国の胡錦濤国家主席と約50分間会談した。

 首相は東シナ海のガス田共同開発について、「いまだ具体的な進展がない。早期の交渉開始のため、主席自ら関係部局に指示を出してほしい」と述べ、開発の段取りを決める条約締結交渉の早期開始へ決断を促した。

 胡主席は「引き続き日中間で接触を保持し、ともに環境作りを行っていくことを希望している」と答えるにとどめた。これに関連し、首相は海難救助の捜索、防衛当局間の海上での連絡といった「危機管理メカニズム」の構築を提起した。

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件の容疑者逮捕に関しては、首相が「中国側の努力を評価する」とした上で、両国の刑事当局間の協力を通じた真相解明を求めた。両国の閣僚レベルで「食の安全」を定期的に協議する「日中食品安全推進イニシアチブ」の早期設置にも意欲を示した。

 会談では、首脳の相互往来を通じた「戦略的互恵関係」の充実でも一致。中国の温家宝首相の今年上半期の来日、その後の鳩山首相の上海万博に合わせた訪中を引き続き調整していくことも確認した。

 首相は、中国での日本人死刑囚4人の刑執行に言及しなかった。

中国潜水艦 2隻が浮上し沖縄沖南下(毎日新聞)
時効撤廃・延長法案を可決=人命奪う犯罪対象-参院法務委(時事通信)
タイで銃撃の村本さんの遺体、家族のもとに(読売新聞)
「踏ん張りどころだ」=支持率低下に首相(時事通信)
スカイマークが改善計画=「ヒヤリハット」懲罰対象外-国交省(時事通信)

<生活保護>受給者の自殺率、一般の2倍超(毎日新聞)

 厚生労働省は9日、初めて実施した生活保護受給者の自殺率調査の結果を公表した。人口10万人当たり62.4人(09年)で、国民全体の自殺率(10万人当たり約25人)の2倍以上に達する。うつ病などの精神疾患を抱える人が多いことが原因とみられ、厚労省は今後も調査を継続し、対策を検討する。

 調査は07~09年、受給者の中で自殺した人や自殺と推定される人を対象に、全国の福祉事務所の報告を基に実施。死亡診断書や死体検案書、職員の記憶などから集計した。自殺者は▽07年577人(人口10万人当たり38.4人)▽08年843人(同54.8人)▽09年1045人(同62.4人)--だった。【野倉恵】

【関連ニュース】
母子加算訴訟:解決へ国と基本合意
たまゆら火災:発生から1年 高齢貧困層の現実変わらず
たまゆら:「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る
生活保護:未救済の低所得者3割
無料低額宿泊所:無届け施設も規制 議員立法へ骨子案

新党 山田・杉並区長、中田・前横浜市長らが月内結成へ(毎日新聞)
<鳩山首相>農業者ら招きリアル鳩カフェ、「戸別補償やる」(毎日新聞)
生徒自殺後すぐ原因調査を 対応マニュアル、小中高に配布 文科省(産経新聞)
「たちあがれ日本」結党 打倒民主で政界再編 平沼代表ら5議員(産経新聞)
マニフェストへの反映は「時間的に不可能」―民主介護議連・藤田事務局長(医療介護CBニュース)

シー・シェパード元船長 傷害罪でも立件へ 東京地検(産経新聞)

 環境保護を標榜する米団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーが日本の調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に不法侵入した事件で、東京地検が、SS抗議船「アディ・ギル号」の船長、ピーター・ジェームス・ベスーン容疑者(44)=ニュージーランド国籍、艦船侵入容疑で逮捕=を傷害や威力業務妨害罪などでも立件する方針を固めたことが31日、関係者の話で分かった。地検は艦船侵入罪の勾留期限の4月2日、傷害罪なども合わせてベスーン容疑者を起訴するとみられる。

 SSは日本の調査捕鯨船に対し、さまざまな妨害行為を繰り返してきたが、地検が艦船侵入罪だけでなく傷害と威力業務妨害罪も起訴することで、SSの目的である妨害行為自体が公判で裁かれることになる。

 ベスーン容疑者は日本時間の2月15日午前9時ごろ、南極海で調査捕鯨活動中の第2昭南丸に水上バイクで接近、防護用ネットをナイフで切り、不法に船内に立ち入ったとして、3月12日、東京海上保安部に艦船侵入容疑で逮捕された。

 アディ・ギル号は1月6日、南極海で第2昭南丸と衝突した際に大破しており、ベスーン容疑者は第2昭南丸に約3億円の損害賠償を請求する書簡を手渡したという。

 一方、日本時間の2月11日には、SSの別の抗議船が第2昭南丸に皮膚を刺激する酪酸入りの瓶を投げつけ、乗組員3人がけがを負う事件が発生した。

 関係者によると、ベスーン容疑者はこの抗議船に乗っており、海保などの調べに対し「自分がやった」などとこの妨害行為への関与を認めたという。このため、海保や地検は傷害や威力業務妨害容疑などでの立件も視野に捜査。第2昭南丸の被害状況や、妨害行為を撮影した映像の解析などを進めた結果、ベスーン容疑者が妨害行為に関与したと判断した。

 SS側は「けがを負わせるためではない」と主張してきたが、日本の法律上、傷害目的でなくても物理的に人体に大きな被害を与える行為であることが立証されれば、不法な「有形力の行使」とみなされ傷害罪や暴行罪が成立する。地検は「狙って投げなければ当たらない」として傷害罪が成立すると断定した。

【関連記事】
「最後まで戦え」とSS・ベスーン容疑者の父
日本船侵入を他のSSメンバーが手助け 共犯の疑いで捜査
Sシェパード元船長、ブーツにナイフ隠し持つ
「船長を逮捕するため侵入した」、SSのベスーン容疑者が供述
「日本の法的プロセスに介入できない」NZ首相 シー・シェパード逮捕

子ども手当支給 家庭環境で左右(産経新聞)
<強制わいせつ罪>女子高生触る 警官を起訴、余罪も 福岡(毎日新聞)
「教祖意思で組織的テロ」=異例の捜査概要公表-長官銃撃時効で警視庁(時事通信)
4児死亡火災で現場検証=出火原因調べる-道警(時事通信)
<掘り出しニュース>県天然記念物なのに…所有者、サザンカの巨樹を無断で伐採 奈良(毎日新聞)

普天間移設、政府2案を与党・沖縄県に提示(読売新聞)

 政府は25日、沖縄県の米軍海兵隊普天間飛行場の移設問題で、鳩山政権の移設案としてまとめた米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)と米軍ホワイトビーチ沖(同県うるま市)の埋め立てを軸とする2案を社民、国民新両党に伝えた。

 沖縄県側にも非公式に伝達した模様だ。26日には米政府にも提示し、鳩山首相が目指す5月末までの決着に向けた交渉を本格化させる。社民党と沖縄側は強く反発している。米側が受け入れる見通しもなく、交渉の難航は避けられない見通しだ。

 2案のうち、シュワブ陸上部案とする場合は、500メートル級の滑走路をつくる案が最有力だ。米海軍基地であるホワイトビーチ沖埋め立て案は、同基地と近隣の島の間を埋め立てることを想定している。

 日本政府は、2案のどちらかに、鹿児島県の徳之島など沖縄県外への訓練移転を組み合わせる案で与党、米側、沖縄側と最終調整を図る方針で、これに伴い、「普天間飛行場の訓練の5割以上」を県外に分散移転できると見ている。

 平野官房長官は25日夕、首相官邸で社民党の阿部知子政審会長と国民新党の下地幹郎国会対策委員長と会談し、2案を伝えた。月内に正式に政府案をまとめる意向も示した。北沢防衛相は同日夜、沖縄県の仲井真弘多知事と非公式に会談した。26日朝には岡田外相がルース駐日米大使、北沢氏が知事とそれぞれ会談し、正式に説明する。

 しかし、社民党幹部は25日夜、「県内移設は認められない」と政府案を拒否する考えを示した。仲井真氏も「今の沖縄では県外(移設論)が高まっており、陸上であれ海上であれ非常に難しい」との認識を北沢氏に伝えた。

 これに先立ち、北沢氏と会談した高嶺善伸沖縄県議会議長も、県内移設反対の立場を強調した。

 米側も、キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行案を最善とする姿勢を崩していない。岡田氏は今月末、クリントン国務長官、ゲーツ国防長官に直接説明する予定だが、米側は米軍の運用面から支障があることに加え、「地元が反対し、政治的にみて実現可能性が極めて低い」(米政府筋)として見直しを迫る考えだ。

強盗容疑で44歳男を逮捕=信金から300万円強奪-福井県警(時事通信)
射爆場、米に返還要求へ=沖縄の負担軽減-政府(時事通信)
首相「閣内不一致と言われないようにする」(産経新聞)
鳩山首相秘書の初公判 政治とカネ…くすぶる火種(産経新聞)
投資家の夢乗せた“お宝沈没船”ファンド座礁 業務停止命令で事業の行方は?(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。